更年期と肩こり

更年期のつらい症状1位は肩こり!そのきっかけと対策は?

肩こりは、更年期を迎えた女にもっとも多々ある症状のひとつです。

症状がひどくなると、肩周囲が重く感じたり、肩周囲がカチカチに固まってしまいます。

きっかけは何個か心積もりられます。

1つ目は、加齢により更年期になるとホルモンバランス移り変わりで骨密度が減ってきます。 それに加えて、長年の疲労が骨も変形させます。 なお、骨と骨の間にある軟骨が加齢とともにすり減ってしまい、骨と骨がぶつかり痛さが現れてしてしまいます。 そのような骨の移り変わりにより筋肉を支持する骨や筋が変形してしまうため、筋肉の伸び縮みする範囲が狭くなってしまいます。

その移り変わりから理不尽に肩を動かそうとする場合に痛さが現れてします。 その苦痛が「肩こり」になります。

2つ目は、女ホルモンの1つであるエストロゲンが減少し、自律神経を乱れます。

例を挙げると、季節の変わり目や冬場は肩こりがひどいという経験はありますか。 それは自律神経の乱れによる症状のひとつに、からだを冷やす作用があります。 その症状でからだが冷えてしまい、筋肉やその周辺の血管を冷やしてしまいます。 血流が悪くなってしまうと、筋肉の動きのパフォーマンスが落ちてしまいます。 それにより肩周囲の筋肉を動かすケースに痛さを生じてさせて「肩こり」の症状が起きてしまいます。

3つ目は眼精疲労や老眼などとも関連があります。

PCやスマートホンを長時間使った場合に肩こりになった経験がありますよね。 そのきっかけは目の周囲の筋肉の疲労や血流が悪くなってしまうため、肩や首が重く感じ肩こりが起きます。

「肩こり」を改善する影響的な手段は?

肩こりを改善するためには、血流を良くしてからだを温める事、首や肩の筋肉をほぐす事が大事です。

しかも、バランスの良い食事をとり、自律神経の乱れを改善する事も必須です。

Follow me!